<このセミナーの受付は終了しました。>
 
ご視聴方法 オンライン視聴
お申込み期限 2024年 1月31日(水) 17:00まで

こんな方におすすめ

  • 女性管理職比率がなかなか上がらない

  • 複数年の見通しを持って育成・登用を進めたい
  •  女性本人だけでなく、その上長や経営層も含めた取り組みを実施したい
  •  社内のハレーションを押さえながら効果的に進める説明の仕方を知りたい
  •  アンコンシャス・バイアスが女性登用の「どこに」「どんな形で」影響するのかを知り、その対処を通して女性登用、DE&Iを進めたい

ダイバーシティを「自分ごと」にする仕掛け
~なぜ女性登用は難しいのか~

概要

コーポレートガバナンスコードの改訂、女性版骨太の方針、人的資本経営への流れなどから、企業における女性登用はもはや必須のものとなっています。女性管理職比率のKPIが定められ、育成・登用の施策を打たれているのではないでしょうか。
とは言え、多くの職場ではマネジメントの負荷が高く、男女問わず、若手の昇進意欲が下がっているというお悩みも伺います。
女性登用のような、古くて新しい課題を解くには、今だからこそできる方法で、丁寧に、体系的に進める必要があります。

今回のセミナーでは、マネジメントをはじめとした社内に「自分ごと」であるという意識を持っていただく第一歩として、アンコンシャス・バイアスを測定して「データで説明できる」ようにすること、また、「コミュニケ―ション」「機会提供」など、どこに課題があるのかを可視化し、継続学習を進めていくことなど、幾つかの方法をお伝えできたらと考えております。
大企業でダイバーシティ推進をけん引した実績を持つチェンジウェーブ・大隅から、組織内で取り組みを進める難しさを越える仕掛け等についてもお話いたします。
 
ご視聴方法 オンライン視聴(YouTube経由での録画配信)
スピーカー 株式会社チェンジウェーブ 取締役
大隅聖子
お申込み期限

2024年 1月31日(水) 17:00まで  

※12月27日~1月4日にいただいたお申込みにつきましては、1月5日以降に視聴URLを送付いたします。
※同様のサービス・研修ご提供企業など、同業の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。

スピーカー

チェンジウェーブ 大隅
株式会社チェンジウェーブ 取締役 
大隅 聖子

大学卒業後、リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)に入社、
17年の勤務で営業組織を率いたのち、2006年株式会社ローソン入社。
2009年開発統括本部・オーナー開発部長、新たなフランチャイズシステムの構築責任者、さらに2012年理事執行役員就任。
ヒューマンリソースステーションダイバーシティ担当として女性の活躍推進を牽引した後、2015年株式会社永谷園 健康食品事業部長就任。
同年、チェンジウェーブ参画および顧問就任。2020年2月取締役就任。

アンコンシャス・バイアスの対処により
事業成長につながるダイバーシティ推進をご支援します

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~17:00)
無料の体験版はこちら
ANGLEが3分でわかる資料はこちら